ラベル 戸田正雄 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 戸田正雄 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2019年11月21日木曜日

私有財産制は,(a)歴史的経緯,(b)財産の不均等を生ずる自然な傾向,(c)産業の発展に比べて遅れている社会制度によって,その理念である(a)自らの努力と労働の成果の保証と,(b)努力と報酬の比例原則が実現できていない。(ジョン・スチュアート・ミル(1806-1873))

私有財産制の理念

【私有財産制は,(a)歴史的経緯,(b)財産の不均等を生ずる自然な傾向,(c)産業の発展に比べて遅れている社会制度によって,その理念である(a)自らの努力と労働の成果の保証と,(b)努力と報酬の比例原則が実現できていない。(ジョン・スチュアート・ミル(1806-1873))】

(1)現在の如きものでない理想的の私有財産制
 (1.1)自らの努力と労働の成果の保証
  私有財産制とは、人々にその労働及び制欲の成果を保証するものである。
 (1.2)努力と報酬の比例原則
  私有財産制を弁護する説の根底には、報酬と努力との比例いう公平の原則がある。
 (1.3)財産の不均等と機会不均等の軽減
  私有財産制からは、財産の不均等と機会不均等とが、自然と生ずる傾向がある。これを軽減する努力が必要である。
(2)私有財産制の現状
 (2.1)他人の努力の成果を受け取ること
  何の功も努力もないのに、他人からその勤倹の成果を人が受けた場合、この人にこの成果をば保証してやるということは、私有財産制の本来のつとめではなく、ただ偶然の事柄であるに過ぎない。
 (2.2)労働の所産は、労働の分量に殆ど反比例して、分配されている。
  (a)全く労働しなかった人に、最も多く分け与えられる。
  (b)殆ど労働をしなかった人に、之に次いで多く分け与えられる。
  (c)労働の苛烈を加うるにしたがって、その受くる報酬は益々少なくなる。
  (d)最も精魂を涸らすような筋肉労働に至っては、露命をつなぐだけの報酬を得ることさえ不確実となる。
 (2.3)現在の状態に至る原因
  (a)現代のヨーロッパ社会のはじめの財産の振当ては、制服や略奪が許されていた時代の遺産である。
  (b)私有財産制からは、財産の不均等と機会不均等とが、自然と生ずる傾向がある。そして、産業は幾世紀にわたって発展し、その働きを変えて来た。
  (c)それにも拘わらず、社会制度は相変わらず大要もとのままである。
   (i)断じて財産としてはならない財産も存在するが、これに所有権が認められている。
   (ii)また単に有限所有権をのみ認むべき財産も存在するが、これに絶対所有権が認められている。
 「長所を悉く備えた場合の共産制と、苦痛・不正を伴える現今の私有財産制と、そのいずれを可とすべきか。私有財産制の現状を見るに、労働の所産は、労働の分量に殆ど反比例して、分配されている。――すなわち、労働の所産は、全く労働しなかった人に最も多く分け与えられ、殆ど労働をしなかった人に之に次いで多く分け与えられ、およそかくの如く、労働の苛烈を加うるにしたがってその受くる報酬は益々少なくなり、最も精魂を涸らすような筋肉労働に至っては、露命をつなぐだけの報酬を得ることさえ不確実である。かような場合の私有財産制と、最も好都合な場合の共産制と、そのいずれを取るかとなれば、共産制の大小すべての弱点を合わしても現時の私有財制の弱点とは全然くらべものにならぬほど軽少である。しかし、共産制と私有制とを正当に比較するには、最良の状態の共産制と、現在の如きものでない理想的の私有制とを比較しなくてはならない。抑々私有財産の主義は、未だどの国に於いても正しい試験をされたことはない。恐らく殊に我国に於いてそうである。現代のヨーロッパ社会のはじめの財産の振当ては、公平な配分によったものでもなければ勤労の結果でもなく、制服や略奪の結果である。その後産業は幾世紀にわたってそのはたらきを変えて来たが、それにも拘わらず、社会制度は相変わらず大要もとのままである。財産上の法規にして正当な私有財産主義に則ってつくられたものは未だ一つもない。これらの法規は、断じて財産としてはならないものをば財産となし、単に有限所有権をのみ認むべきものに絶対所有権を認めておる。これらの法規は、各人に公平な規定ではなくて、或る人々に害を与えるのもかえりみず他の人々に利を与えるものである。そうしてわざと不平等を大きくし、人生のスタートの公平を妨害した。なるほど、どのような私有財産法規といえども、万人のスタートを完全に平等にするということはできない。しかし、私有財産主義から自然に生ずる機会不均等をばわざわざ骨折って加重するようなことをせず、その骨折りを転じて、私有財産主義そのものを破壊せずに而も機会不均等を軽減するということに向けたならば、果たしてどうであったか。すなわち、もし立法者が、富の集中を排して富の分散を奨励し、巨富を山積させるようにつとめず之を小分するように奨励したならば、果たしてどうであったか。この場合には、殆どすべての社会主義述作家の断定に反し、必ずしも物的社会的弊害を伴わなかったであろう。
 私有財産制を弁護する者はみなおもえらく、私有財産制とは人々にその労働及び制欲の成果を保証するものであると、随って、何の功も努力もないのに他人からその勤倹の成果を人が受けた場合、この人にこの成果をば保証してやるということは、私有財産制の本来のつとめではなくただ偶然の事柄であるに過ぎない。しかもこのような保証が或る程度に達すると、私有財産を正当にしないで不当のものとするようになる。抑々およそ私有財産制を弁護する説の根底には、報酬と努力との比例するという公平の原則があると見るべきである。」
(ジョン・スチュアート・ミル(1806-1873),『経済学原理』,第2篇 分配,第1章 財産,3 共産主義の吟味,pp.18-20,春秋社(1939),戸田正雄(訳))
(索引:私有財産制,労働の成果の保証,努力と報酬の比例原則,財産の不均等と機会不均等の軽減)
ジョン・スチュアート・ミル(1806-1873)の命題集(Collection of propositions of great philosophers)

(出典:wikipedia
ジョン・スチュアート・ミル(1806-1873)の命題集(Collection of propositions of great philosophers)  「観照の対象となるような事物への知的関心を引き起こすのに十分なほどの精神的教養が文明国家に生まれてきたすべての人に先験的にそなわっていないと考える理由はまったくない。同じように、いかなる人間も自分自身の回りの些細な個人的なことにしかあらゆる感情や配慮を向けることのできない自分本位の利己主義者であるとする本質的な必然性もない。これよりもはるかに優れたものが今日でもごく一般的にみられ、人間という種がどのように作られているかということについて十分な兆候を示している。純粋な私的愛情と公共善に対する心からの関心は、程度の差はあるにしても、きちんと育てられてきた人なら誰でももつことができる。」(中略)「貧困はどのような意味においても苦痛を伴っているが、個人の良識や慎慮と結びついた社会の英知によって完全に絶つことができるだろう。人類の敵のなかでもっとも解決困難なものである病気でさえも優れた肉体的・道徳的教育をほどこし有害な影響を適切に管理することによってその規模をかぎりなく縮小することができるだろうし、科学の進歩は将来この忌まわしい敵をより直接的に克服する希望を与えている。」(中略)「運命が移り変わることやその他この世での境遇について失望することは、主として甚だしく慎慮が欠けていることか、欲がゆきすぎていることか、悪かったり不完全だったりする社会制度の結果である。すなわち、人間の苦悩の主要な源泉はすべて人間が注意を向け努力することによってかなりの程度克服できるし、それらのうち大部分はほとんど完全に克服できるものである。これらを取り除くことは悲しくなるほどに遅々としたものであるが――苦悩の克服が成し遂げられ、この世界が完全にそうなる前に、何世代もの人が姿を消すことになるだろうが――意思と知識さえ不足していなければ、それは容易になされるだろう。とはいえ、この苦痛との戦いに参画するのに十分なほどの知性と寛大さを持っている人ならば誰でも、その役割が小さくて目立たない役割であったとしても、この戦いそれ自体から気高い楽しみを得るだろうし、利己的に振る舞えるという見返りがあったとしても、この楽しみを放棄することに同意しないだろう。」
(ジョン・スチュアート・ミル(1806-1873),『功利主義』,第2章 功利主義とは何か,集録本:『功利主義論集』,pp.275-277,京都大学学術出版会(2010),川名雄一郎(訳),山本圭一郎(訳))
(索引:)

ジョン・スチュアート・ミル(1806-1873)
ジョン・スチュアート・ミルの関連書籍(amazon)
検索(ジョン・スチュアート・ミル)
近代社会思想コレクション京都大学学術出版会

2019年11月20日水曜日

生産方法の改良や発明は、生産性を向上させるが、それに劣らず重要な要素がある。それは、租税や土地制度など統治上の改善、また、教育の改善による人々の知性と諸能力、良心と公共心の育成である。(ジョン・スチュアート・ミル(1806-1873))

生産性の向上

【生産方法の改良や発明は、生産性を向上させるが、それに劣らず重要な要素がある。それは、租税や土地制度など統治上の改善、また、教育の改善による人々の知性と諸能力、良心と公共心の育成である。(ジョン・スチュアート・ミル(1806-1873))】
 「随って、苟も生産方法の改良の行われたるときは、必ずや之は収穫逓減の法則に何らかの反対の影響を及ぼさずには置かない。また、このような効果の有るものは、ひとり産業上の改良に止まらない。統治上の改良及び殆どすべての道徳上社会上の改良も亦、やはり右と同様の効果がある。試みに大革命前のフランスの状態を思え。その頃のフランスに於いては、租税は殆どみな勤労階級に課せられ、しかもその徴税ぶりは恰も生産を罰する罰金として租税を徴する如きものであった。また、身体・財産を人に傷害されたとき加害者が高位の者または宮廷の威光の者である場合には、損害の賠償を得られなかった。かような制度を、大革命の暴風は吹き払ってしまったが、この革新は、之をただ労働の生産力の増加という点からのみ見るも、多くの産業上の発明に劣らず有効ではなかったろうか。十分一税の如き農業上の負担にして廃されたるときは、その効果たるや、恰も現存の生産物を得るに要する労働が俄かに十分一だけ節減されたのと同じような効果がある。穀物またはその他の物品をその生産費の最小なる場所にて生産するを防ぐ穀物条例その他の禁止令にして廃止されんか、その効果は生産上の大改良にも劣らぬものがある。なおまた、今まで狩猟またはその他の娯楽用に供されていた沃地が自由に耕作さるる土地となったときは、農業の総生産力は増加することとなる。誰も知っているよういに、イングランドでは救貧法の運用よろしきを得なかったために多大の損害を蒙り、また借地制度の劣悪なためにアイルランドは莫大の損害を蒙り、農業労働は萎靡沈滞してしまった。およそあらゆる改良のうちでも、土地制度及びその法律の改良ほど、労働の生産性に直接影響するものはない。世襲財産の廃止の如き、所有権譲渡の手続きの低廉の如き、その他およそ土地が利用うすき人々の手から利用多き人々の手へ移りゆく傾向を助くるものの如き、任意借地を廃して長期借地の設くる如き、悲惨なアイルランド式小作人制を廃して相当すぐれた小作制を設くる如き、なかんずく農夫をして土地に永く利害を感じさせる如き、およそこれらの改良は、いずれもほんとうの改良にちがいなく、しかもその或るものは、多軸紡績機または蒸気機関の発明にも劣らず偉大なる生産上の改良である。」
(ジョン・スチュアート・ミル(1806-1873),『経済学原理』,第1篇 生産,第12章 土地の生産増加の法則,3 報酬逓減の法則に反する原理。すなわち、生産上の改良の増進,pp.318-319,春秋社(1939),戸田正雄(訳))
 「教育上の改良も亦、右と同様の効果がある。労働者の知能は、労働の生産力の最大要素である。某国は、文明の最もすすんだ国であるが、その労働者の知能の程度が頗る低く、随って生産力の無限の向上を期するには、手だけしかもっていない人々にまず頭脳を与える方法をとるほかない有様である。しかし労働者の注意・節倹・実直も亦、その知能に劣らず重要である。労働者と雇主の間柄が親密であって利害や感情のとけあっていることはなかんずく重要である。いやむしろ、重要たるべしというべきである。何故なら、このような和合の例の実際に存していることを私は知らないからである。精神・人格の向上が産業にも好影響を及ぼすということは、ひとり労働階級の場合にあてはまるのみではない。富裕有閑の階級に於いても、その人々の精神力が増加し教育が質実となり良心・公共心または博愛心が強烈となれば、その場合にはこららの人々は、経済上の手段についても自国の制度習慣についても、有益な改良をつくり促進することになるであろう。」
(ジョン・スチュアート・ミル(1806-1873),『経済学原理』,第1篇 生産,第12章 土地の生産増加の法則,3 報酬逓減の法則に反する原理。すなわち、生産上の改良の増進,pp.319-320,春秋社(1939),戸田正雄(訳))
(索引:生産性の向上,生産方法の改良,発明,統治上の改善,教育の改善)
ジョン・スチュアート・ミル(1806-1873)の命題集(Collection of propositions of great philosophers)

(出典:wikipedia
ジョン・スチュアート・ミル(1806-1873)の命題集(Collection of propositions of great philosophers)  「観照の対象となるような事物への知的関心を引き起こすのに十分なほどの精神的教養が文明国家に生まれてきたすべての人に先験的にそなわっていないと考える理由はまったくない。同じように、いかなる人間も自分自身の回りの些細な個人的なことにしかあらゆる感情や配慮を向けることのできない自分本位の利己主義者であるとする本質的な必然性もない。これよりもはるかに優れたものが今日でもごく一般的にみられ、人間という種がどのように作られているかということについて十分な兆候を示している。純粋な私的愛情と公共善に対する心からの関心は、程度の差はあるにしても、きちんと育てられてきた人なら誰でももつことができる。」(中略)「貧困はどのような意味においても苦痛を伴っているが、個人の良識や慎慮と結びついた社会の英知によって完全に絶つことができるだろう。人類の敵のなかでもっとも解決困難なものである病気でさえも優れた肉体的・道徳的教育をほどこし有害な影響を適切に管理することによってその規模をかぎりなく縮小することができるだろうし、科学の進歩は将来この忌まわしい敵をより直接的に克服する希望を与えている。」(中略)「運命が移り変わることやその他この世での境遇について失望することは、主として甚だしく慎慮が欠けていることか、欲がゆきすぎていることか、悪かったり不完全だったりする社会制度の結果である。すなわち、人間の苦悩の主要な源泉はすべて人間が注意を向け努力することによってかなりの程度克服できるし、それらのうち大部分はほとんど完全に克服できるものである。これらを取り除くことは悲しくなるほどに遅々としたものであるが――苦悩の克服が成し遂げられ、この世界が完全にそうなる前に、何世代もの人が姿を消すことになるだろうが――意思と知識さえ不足していなければ、それは容易になされるだろう。とはいえ、この苦痛との戦いに参画するのに十分なほどの知性と寛大さを持っている人ならば誰でも、その役割が小さくて目立たない役割であったとしても、この戦いそれ自体から気高い楽しみを得るだろうし、利己的に振る舞えるという見返りがあったとしても、この楽しみを放棄することに同意しないだろう。」
(ジョン・スチュアート・ミル(1806-1873),『功利主義』,第2章 功利主義とは何か,集録本:『功利主義論集』,pp.275-277,京都大学学術出版会(2010),川名雄一郎(訳),山本圭一郎(訳))
(索引:)

ジョン・スチュアート・ミル(1806-1873)
ジョン・スチュアート・ミルの関連書籍(amazon)
検索(ジョン・スチュアート・ミル)
近代社会思想コレクション京都大学学術出版会

人気の記事(週間)

人気の記事(月間)

人気の記事(年間)

人気の記事(全期間)

ランキング

ランキング


人気ブログランキング



FeedPing