ラベル ジョン・マクダウェル『徳と理性』 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ジョン・マクダウェル『徳と理性』 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年5月10日日曜日

道徳の要請は、情況が課してくる。捉えられた情況は、事実かどうかの問題であり、特定の欲求には依存しない。しかし、その人の在り方には依存する。徳とは、情況が課してくる要求への、信頼できる感受性である。(ジョン・マクダウェル(1942-))

認知主義

【道徳の要請は、情況が課してくる。捉えられた情況は、事実かどうかの問題であり、特定の欲求には依存しない。しかし、その人の在り方には依存する。徳とは、情況が課してくる要求への、信頼できる感受性である。(ジョン・マクダウェル(1942-))】
(出典:wikipedia


(出典:古書店三月兎之杜
大庭健(1946-2018)の命題集

「このようにマクダウェルは、根本的には“事態をどう捉えるか”というところに、人の道徳性を見る。マクダウェルの当初の言い方によれば、「道徳の要請は、状況が課してくる」のであって、そうした「状況のとらえ方」は、特定の欲求に依存しない。あるいは、「徳とは、知」すなわち「状況が課してくる要求への信頼できる感受性である」。このように彼は、“道徳判断は、状況の特徴の認知から成る”とする認知主義(cognitivism)の立場に立つ。」
(大庭健(1946-)、以下の著作の解説:ジョン・マクダウェル(1942-)『徳と理性』、p.268、勁草書房(2016)、大庭健(監訳)・(訳))
(索引:認知主義)

徳と理性: マクダウェル倫理学論文集 (双書現代倫理学)



(出典:wikipedia


ジョン・マクダウェル(1942-)
ジョン・マクダウェルの関連書籍(amazon)
検索(ジョン・マクダウェル)

行為の理由は、欲求だけでなく情況の捉え方にも依存する。その人の在り方に応じて情況の捉え方は異なり、捉えられた情況から、ある特定の行為が好ましく思えてくる。(ジョン・マクダウェル(1942-))

認知主義

【行為の理由は、欲求だけでなく情況の捉え方にも依存する。その人の在り方に応じて情況の捉え方は異なり、捉えられた情況から、ある特定の行為が好ましく思えてくる。(ジョン・マクダウェル(1942-))】

(1)あらゆる理由が欲求から動機づけの力を得ている
 (a)情況
 (b)欲求
 (c)行為の理由の判断
  (b)が(c)を決定する。
(2)行為の理由は、欲求だけでなく情況の捉え方にも依存する
 (a)情況
  情況は、その人の在り方に応じて、異なって捉えられる。
  捉えられた情況から、ある特定の特徴がせり出して知覚される。
 (b)欲求
 (c)行為の理由の判断
  (a)と(b)とが、(c)を誘導する。

(出典:wikipedia


(出典:古書店三月兎之杜
大庭健(1946-2018)の命題集

「同じ情況においても、行為の理由の判断は、人によって異なりうる。もちろん、その違いがそのときの欲求の違いから生じている、というケースは多々ある。同じ大好物を前にしても、そのときの食欲しだいでは注文の仕方は違ってくる。こうした事実をマクダウェルは無視しない。しかし、だからと言って、「あらゆる理由が、そこに含まれた欲求から動機づけの力を得ている、というのは間違っている」。
 一般的にはむしろ、①その人の在り方に応じて一定の「情況の捉え方」が働き出し、②情況がそう捉えられると、事実のある特徴が「せり出して(salient)」知覚されあるいは「そのときの欲求によって曇らされることなく」理解され、③そのおかげで特定の行為が「好ましく見えて」くる。このように行為の理由は、「情況の捉え方」に誘導された世界への感受性による知的な成果である。」
(大庭健(1946-)、以下の著作の解説:ジョン・マクダウェル(1942-)『徳と理性』、p.267、勁草書房(2016)、大庭健(監訳)・(訳))
(索引:認知主義)

徳と理性: マクダウェル倫理学論文集 (双書現代倫理学)



(出典:wikipedia


ジョン・マクダウェル(1942-)
ジョン・マクダウェルの関連書籍(amazon)
検索(ジョン・マクダウェル)

人気の記事(週間)

人気の記事(月間)

人気の記事(年間)

人気の記事(全期間)

ランキング

ランキング


人気ブログランキング



FeedPing