2018年5月20日日曜日

今まで発見も理解もされなかったことは、将来に向かっても発見も理解もされ得ないことだと思うことは、小心、貧しさ、乏しさを示すだけでなく、僭越かつ傲慢である。(フランシス・ベーコン(1561-1626))

限りない未知

【今まで発見も理解もされなかったことは、将来に向かっても発見も理解もされ得ないことだと思うことは、小心、貧しさ、乏しさを示すだけでなく、僭越かつ傲慢である。(フランシス・ベーコン(1561-1626))】
 「ところが遙かに大きな障害が、小心と、人々の努力が自らに課する仕事の貧しさと乏しさとによって、諸学に持ち込まれてきた。しかも(最も悪いことには)そうした小心は、僭越と傲慢を伴わずには現われないものなのである。」(中略)
 「つまり彼らはその技術が、完全なものと見なされることにのみ心を労し、すなわちこの上なく空しく、かつ見込みのない栄光のために骨を折りつつ、今まで発見も理解もされなかったことは、将来に向かっても発見も理解もされ得ないことだと、信じさせようと腐心しているのである。」
(フランシス・ベーコン(1561-1626)『ノヴム・オルガヌム』アフォリズム 第一巻、八八、pp.142-143、[桂寿一・1978])
(索引:学問の不健康な状態、限りない未知)

ノヴム・オルガヌム―新機関 (岩波文庫 青 617-2)



(出典:wikipedia
フランシス・ベーコン(1561-1626)の命題集(Collection of propositions of great philosophers)  「不死こそ、子をうみ、家名をあげる目的であり、それこそ、建築物と記念の施設と記念碑をたてる目的であり、それこそ、遺名と名声と令名を求める目的であり、つまり、その他すべての人間の欲望を強めるものであるからである。そうであるなら、知力と学問の記念碑のほうが、権力あるいは技術の記念碑よりもずっと永続的であることはあきらかである。というのは、ホメロスの詩句は、シラブル一つ、あるいは文字一つも失われることなく、二千五百年、あるいはそれ以上も存続したではないか。そのあいだに、無数の宮殿と神殿と城塞と都市がたちくされ、とりこわされたのに。」(中略)「ところが、人びとの知力と知識の似姿は、書物のなかにいつまでもあり、時の損傷を免れ、たえず更新されることができるのである。これを似姿と呼ぶのも適当ではない。というのは、それはつねに子をうみ、他人の精神のなかに種子をまき、のちのちの時代に、はてしなく行動をひきおこし意見をうむからである。それゆえ、富と物資をかなたからこなたへ運び、きわめて遠く隔たった地域をも、その産物をわかちあうことによって結びつける、船の発明がりっぱなものであると考えられたのなら、それにもまして、学問はどれほどほめたたえられねばならぬことだろう。学問は、さながら船のように、時という広大な海を渡って、遠く隔たった時代に、つぎつぎと、知恵と知識と発明のわけまえをとらせるのである。
(フランシス・ベーコン(1561-1626)『学問の進歩』第一巻、八・六、pp.109-110、[服部英次郎、多田英次・1974])(索引:学問の船)


フランシス・ベーコン(1561-1626)
フランシス・ベーコンの本(amazon)
検索(フランシス・ベーコン)


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

心理学ランキング

どんなものがいまさら新たに発見されるであろうかという疑念を抱くことは、過ちである。大昔から気づかれずに見落とされているものが、いくらでもあるのだ。(フランシス・ベーコン(1561-1626))

限りない未知

【どんなものがいまさら新たに発見されるであろうかという疑念を抱くことは、過ちである。大昔から気づかれずに見落とされているものが、いくらでもあるのだ。(フランシス・ベーコン(1561-1626))】
 「古いものの偏重によってひきおこされる、もう一つのあやまちは、大昔から気づかれずに見おとされてきたもので、どんなものがいまさら新たに発見されるであろうかという疑念である。」(中略)
 「われわれは、それとは反対に、ふつうそこに、人びとの判断のうわついた無節操をみるのである。すなわち、あるものごとがなされるまでは、はたしてなされるだろうかといぶかっているが、なされるとたちまち、こんどは、どうしてもっと早くなされなかったかといぶかるのである。」
(フランシス・ベーコン(1561-1626)『学問の進歩』第一巻、五・二、p.62、[服部英次郎、多田英次・1974])
(索引:学問の不健康な状態、限りない未知)

学問の進歩 (岩波文庫 青 617-1)


(出典:wikipedia
フランシス・ベーコン(1561-1626)の命題集(Collection of propositions of great philosophers)  「不死こそ、子をうみ、家名をあげる目的であり、それこそ、建築物と記念の施設と記念碑をたてる目的であり、それこそ、遺名と名声と令名を求める目的であり、つまり、その他すべての人間の欲望を強めるものであるからである。そうであるなら、知力と学問の記念碑のほうが、権力あるいは技術の記念碑よりもずっと永続的であることはあきらかである。というのは、ホメロスの詩句は、シラブル一つ、あるいは文字一つも失われることなく、二千五百年、あるいはそれ以上も存続したではないか。そのあいだに、無数の宮殿と神殿と城塞と都市がたちくされ、とりこわされたのに。」(中略)「ところが、人びとの知力と知識の似姿は、書物のなかにいつまでもあり、時の損傷を免れ、たえず更新されることができるのである。これを似姿と呼ぶのも適当ではない。というのは、それはつねに子をうみ、他人の精神のなかに種子をまき、のちのちの時代に、はてしなく行動をひきおこし意見をうむからである。それゆえ、富と物資をかなたからこなたへ運び、きわめて遠く隔たった地域をも、その産物をわかちあうことによって結びつける、船の発明がりっぱなものであると考えられたのなら、それにもまして、学問はどれほどほめたたえられねばならぬことだろう。学問は、さながら船のように、時という広大な海を渡って、遠く隔たった時代に、つぎつぎと、知恵と知識と発明のわけまえをとらせるのである。
(フランシス・ベーコン(1561-1626)『学問の進歩』第一巻、八・六、pp.109-110、[服部英次郎、多田英次・1974])(索引:学問の船)


フランシス・ベーコン(1561-1626)
フランシス・ベーコンの本(amazon)
検索(フランシス・ベーコン)


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

心理学ランキング

変革を憎む保守的な考え、古いものを抹殺する急進的な考えは、ともに不健康な状態である。古いものを尊敬し、その基礎の上に立って最善の道を見極め、見極めた確信に基づき変革すること。(フランシス・ベーコン(1561-1626))

保守的と急進的

【変革を憎む保守的な考え、古いものを抹殺する急進的な考えは、ともに不健康な状態である。古いものを尊敬し、その基礎の上に立って最善の道を見極め、見極めた確信に基づき変革すること。(フランシス・ベーコン(1561-1626))】
(a)古いものを偏重する保守的な人は、新しいものがつけ加わる変革を憎む。
(b)新しいものを偏愛する急進的な人は、ただ付け加えるだけでは満足できず、古いものを抹殺せずにおかない。
(c)古いものは尊敬に値するものであり、人びとはその上に立って、最善の道がどれであるかを見きわめるべきである。そして、見きわめたという確信がついたら、それからはどんどん進んでゆくべきである。
 「それらのうち第一のものは、二つの極端に対する極度の愛好である。すなわち、一方は古いものの偏重であり、もう一方は新しいものの偏愛である。」(中略)
 「すなわち、古いものを好む保守的なひとは、新しいものがつけ加わる変革を憎み、新しいものを好む急進的なひとは、ただつけ加えるだけでは満足できず、古いものを抹殺せずにおかないのである。」(中略)
 「すなわち、古いものは尊敬に値するものであって、人びとはその上に立って、最善の道がどれであるかを見きわめるべきではあるが、しかし、見きわめたという確信がついたら、それからはどんどん進んでゆくべきである。それに、じつをいうと、「時代の古いということは、世界の若かったことである」〔出典不詳〕。世界が年をとっている現代こそが古い時代なのであって、われわれ自身から「逆算して」古いと考える時代が古い時代であるのではない。」
(フランシス・ベーコン(1561-1626)『学問の進歩』第一巻、五・一、pp.61-62、[服部英次郎、多田英次・1974])
(索引:学問の不健康な状態、保守的、急進的)

学問の進歩 (岩波文庫 青 617-1)


(出典:wikipedia
フランシス・ベーコン(1561-1626)の命題集(Collection of propositions of great philosophers)  「不死こそ、子をうみ、家名をあげる目的であり、それこそ、建築物と記念の施設と記念碑をたてる目的であり、それこそ、遺名と名声と令名を求める目的であり、つまり、その他すべての人間の欲望を強めるものであるからである。そうであるなら、知力と学問の記念碑のほうが、権力あるいは技術の記念碑よりもずっと永続的であることはあきらかである。というのは、ホメロスの詩句は、シラブル一つ、あるいは文字一つも失われることなく、二千五百年、あるいはそれ以上も存続したではないか。そのあいだに、無数の宮殿と神殿と城塞と都市がたちくされ、とりこわされたのに。」(中略)「ところが、人びとの知力と知識の似姿は、書物のなかにいつまでもあり、時の損傷を免れ、たえず更新されることができるのである。これを似姿と呼ぶのも適当ではない。というのは、それはつねに子をうみ、他人の精神のなかに種子をまき、のちのちの時代に、はてしなく行動をひきおこし意見をうむからである。それゆえ、富と物資をかなたからこなたへ運び、きわめて遠く隔たった地域をも、その産物をわかちあうことによって結びつける、船の発明がりっぱなものであると考えられたのなら、それにもまして、学問はどれほどほめたたえられねばならぬことだろう。学問は、さながら船のように、時という広大な海を渡って、遠く隔たった時代に、つぎつぎと、知恵と知識と発明のわけまえをとらせるのである。
(フランシス・ベーコン(1561-1626)『学問の進歩』第一巻、八・六、pp.109-110、[服部英次郎、多田英次・1974])(索引:学問の船)


フランシス・ベーコン(1561-1626)
フランシス・ベーコンの本(amazon)
検索(フランシス・ベーコン)


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

心理学ランキング

学問を空想的にしてしまう原因:(a)ずるさによる意図的な騙し、(b)人の信じやすい傾向、(c)他愛のないお喋り、詮索、噂、(d)技術に対する過度の信頼、(e)学説の創始者への過度の信用。(フランシス・ベーコン(1561-1626))

空想的な学問

【学問を空想的にしてしまう原因:(a)ずるさによる意図的な騙し、(b)人の信じやすい傾向、(c)他愛のないお喋り、詮索、噂、(d)技術に対する過度の信頼、(e)学説の創始者への過度の信用。(フランシス・ベーコン(1561-1626))】
 学問を空想的にしてしまう原因にはいくつかある。
(a)ずるさや、だます喜びから生じるまやかしだけでなく、他愛のないお喋りや噂話しなど。
(b)単純さから生じる軽信、だまされやすいことだけでなく、詮索好きや、噂好きなど。
(c)技術そのものを、過度に信頼してしまうこと。
(d)学説の創始者たちに寄せられる過度の信用が、創始者たちを、その言葉には文句なしに服すべき独裁者にしてしまい、諸学を低いところに停止させてしまう。
 「第三のまやかしまたは不真実に関係のある、学問の欠陥または病気についていえば、それは、認識のだいじな本性をこわすものとして、もっともひどい病気なのである。」(中略)
 「この欠陥は二種類に分かれるのであるが、その一つはだます喜びであり、他の一つはだまされやすいことである。すなわち、まやかしと軽信であり、両者はちがった性質のようにみえ、一方はずるさから、他方は単純さから生ずるようにみえるけれども、しかしたしかなところ、両者はたいていの場合、同時におこるのである。」(中略)
 「すなわち、せんさく好きな人は、たわいのないおしゃべりといわれているように、同じようなわけで、軽信的な人は、だますひとである。うわさの場合にみられるように、やすやすとうわさを信ずるひとは、またやすやすとうわさを大きくし、かれ自身少し尾ひれをつける。」(中略)
 「つぎに、技術と学説にやすやすと信用が与えられることについていえば、これにもまた二つの種類がある。すなわち、その一つは、過度の信頼が技術そのものによせられる場合であり、もう一つはどの技術においても、ある創始者たちによせられる場合である。」(中略)
 「つぎに、諸学における創始者たちを、そのことばには文句なしに服すべき独裁者にしてしまい、助言を与える顧問にはしないような、かれらに与えられた過度の信用についていえば、それは、諸学を成長させあるいは発達させずに、低いところに停止させておくおもな原因なので、諸学がそれからうける損害ははかりきれないほどである。」
(フランシス・ベーコン(1561-1626)『学問の進歩』第一巻、四・八~四・一二、pp.56-60、[服部英次郎、多田英次・1974])
(索引:空想的な学問)

学問の進歩 (岩波文庫 青 617-1)


(出典:wikipedia
フランシス・ベーコン(1561-1626)の命題集(Collection of propositions of great philosophers)  「不死こそ、子をうみ、家名をあげる目的であり、それこそ、建築物と記念の施設と記念碑をたてる目的であり、それこそ、遺名と名声と令名を求める目的であり、つまり、その他すべての人間の欲望を強めるものであるからである。そうであるなら、知力と学問の記念碑のほうが、権力あるいは技術の記念碑よりもずっと永続的であることはあきらかである。というのは、ホメロスの詩句は、シラブル一つ、あるいは文字一つも失われることなく、二千五百年、あるいはそれ以上も存続したではないか。そのあいだに、無数の宮殿と神殿と城塞と都市がたちくされ、とりこわされたのに。」(中略)「ところが、人びとの知力と知識の似姿は、書物のなかにいつまでもあり、時の損傷を免れ、たえず更新されることができるのである。これを似姿と呼ぶのも適当ではない。というのは、それはつねに子をうみ、他人の精神のなかに種子をまき、のちのちの時代に、はてしなく行動をひきおこし意見をうむからである。それゆえ、富と物資をかなたからこなたへ運び、きわめて遠く隔たった地域をも、その産物をわかちあうことによって結びつける、船の発明がりっぱなものであると考えられたのなら、それにもまして、学問はどれほどほめたたえられねばならぬことだろう。学問は、さながら船のように、時という広大な海を渡って、遠く隔たった時代に、つぎつぎと、知恵と知識と発明のわけまえをとらせるのである。
(フランシス・ベーコン(1561-1626)『学問の進歩』第一巻、八・六、pp.109-110、[服部英次郎、多田英次・1974])(索引:学問の船)


フランシス・ベーコン(1561-1626)
フランシス・ベーコンの本(amazon)
検索(フランシス・ベーコン)


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

心理学ランキング

論争的な学問には注意せよ。それは、新規で珍しい用語で独断的な主張をし、論争を引き起こす。しかし実のところ、より総合的な諸学問の調和の中においては、この類いの反対論は、簡単に論破されるようなものなのである。(フランシス・ベーコン(1561-1626))

論争的な学問

【論争的な学問には注意せよ。それは、新規で珍しい用語で独断的な主張をし、論争を引き起こす。しかし実のところ、より総合的な諸学問の調和の中においては、この類いの反対論は、簡単に論破されるようなものなのである。(フランシス・ベーコン(1561-1626))】
 論争的な学問には注意せよ。それは、新規で珍しい用語で独断的な主張をし、論争を引き起こすだけの学問の病気である。本来なら、学問の各部門は、たがいに支持しあうように調和が取れているものなので、小さなたぐいの反対論は、実は簡単に論破されるようなものなのである。
 「つぎにみられる第二の病気は、第一のものよりも悪性である。」(中略)
 「聖パウロの非難は、当時当たっていただけでなく、後代に対しても予言的であり、ただ神学に関係があるだけでなく、もっと広くすべての知識にも当てはまるのである。―――「俗悪な新奇の語といつわりの知識による反対論とをさけなさい」〔『テモテへの第一の手紙』六の二〇〕。というのは、聖パウロは、疑わしいいつわりの知識の目印として二つのものを指摘しているが、その一つは、用語の新規とめずらしさであり、もう一つは、独断的な主張であって、それは必然的に反対論をひきおこし、したがって問題や論争をおこすからである。」(中略)
 「すなわち、どの命題あるいは主張にもそれぞれ反対論をつくり、そしてそれらの反対論に解答をつくるのであるが、しかしそれらの解答はたいてい論破ではなく区別だてとなる。ところが、じつは、すべての学問の強さは、例の老人のまき束の強さと同じように、その結束にある〔アィソポス『寓話』五二〕。というのは、その各部門がたがいに支持しあうように、学問の調和がとれていてこそ、すべての小さなたぐいの反対論をほんとうに簡単に論破し、おさえることができるのであり、またそうでなければならないからである。ところが、それと反対に、まき束の割木のように、一般的命題を一つ一つとり出すなら、それに異議を唱え、それを意のままに曲げたり、折ったりすることができるであろう。」
(フランシス・ベーコン(1561-1626)『学問の進歩』第一巻、四・五、pp.52-54、[服部英次郎、多田英次・1974])
(索引:論争的な学問)

学問の進歩 (岩波文庫 青 617-1)


(出典:wikipedia
フランシス・ベーコン(1561-1626)の命題集(Collection of propositions of great philosophers)  「不死こそ、子をうみ、家名をあげる目的であり、それこそ、建築物と記念の施設と記念碑をたてる目的であり、それこそ、遺名と名声と令名を求める目的であり、つまり、その他すべての人間の欲望を強めるものであるからである。そうであるなら、知力と学問の記念碑のほうが、権力あるいは技術の記念碑よりもずっと永続的であることはあきらかである。というのは、ホメロスの詩句は、シラブル一つ、あるいは文字一つも失われることなく、二千五百年、あるいはそれ以上も存続したではないか。そのあいだに、無数の宮殿と神殿と城塞と都市がたちくされ、とりこわされたのに。」(中略)「ところが、人びとの知力と知識の似姿は、書物のなかにいつまでもあり、時の損傷を免れ、たえず更新されることができるのである。これを似姿と呼ぶのも適当ではない。というのは、それはつねに子をうみ、他人の精神のなかに種子をまき、のちのちの時代に、はてしなく行動をひきおこし意見をうむからである。それゆえ、富と物資をかなたからこなたへ運び、きわめて遠く隔たった地域をも、その産物をわかちあうことによって結びつける、船の発明がりっぱなものであると考えられたのなら、それにもまして、学問はどれほどほめたたえられねばならぬことだろう。学問は、さながら船のように、時という広大な海を渡って、遠く隔たった時代に、つぎつぎと、知恵と知識と発明のわけまえをとらせるのである。
(フランシス・ベーコン(1561-1626)『学問の進歩』第一巻、八・六、pp.109-110、[服部英次郎、多田英次・1974])(索引:学問の船)


フランシス・ベーコン(1561-1626)
フランシス・ベーコンの本(amazon)
検索(フランシス・ベーコン)


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

心理学ランキング

衒った学問には、注意せよ。それは、事柄よりも言葉を追いまわす学問の病気である。字句、洗練された構成、文節の心地よいリズム、ことばのあやと比喩。(フランシス・ベーコン(1561-1626))

衒った学問

【衒った学問には、注意せよ。それは、事柄よりも言葉を追いまわす学問の病気である。字句、洗練された構成、文節の心地よいリズム、ことばのあやと比喩。(フランシス・ベーコン(1561-1626))】
 衒った学問には、注意せよ。それは、事柄よりも言葉を追いまわす学問の病気である。字句、洗練された構成、文節の心地よいリズム、ことばのあやと比喩。本物の学問は、事柄の重要さ、主題の価値、論証の堅実さ、創意の溌剌さ、判断の深さを求める。
 「人びとはことがらよりもことばを追いまわしはじめ、字句の適切、文の申し分なく洗練された構成、文節の心地よいリズム、ことばのあやと比喩で作品に変化と輝きを与えることなどを求めて、ことがらの重要さ、主題の価値、論証の堅実さ、創意のはつらつさ、判断の深さなどを求めなくなった。」
 「それゆえ、こうして人びとがことばを研究してことがらを研究しない場合に、学問の第一の病気がおこるのであって、わたくしはその後代の一例をあげたが、しかしこの病気は、多かれ少なかれすべての時代にあったし、またあるであろう。そしてこのことは、普通の能力の人びとに対してさえ、学問の信用をおとす作用をしないことがどうしてあるだろうか。かれらは、学者たちの著作が勅許状や絵本の頭文字のようなもので、大いに飾りたてられているけれども、ただの文字にすぎないことを知るのであるから。」
(フランシス・ベーコン(1561-1626)『学問の進歩』第一巻、四・二、四・三、pp.50-51、[服部英次郎、多田英次・1974])
(索引:衒った学問)

学問の進歩 (岩波文庫 青 617-1)


(出典:wikipedia
フランシス・ベーコン(1561-1626)の命題集(Collection of propositions of great philosophers)  「不死こそ、子をうみ、家名をあげる目的であり、それこそ、建築物と記念の施設と記念碑をたてる目的であり、それこそ、遺名と名声と令名を求める目的であり、つまり、その他すべての人間の欲望を強めるものであるからである。そうであるなら、知力と学問の記念碑のほうが、権力あるいは技術の記念碑よりもずっと永続的であることはあきらかである。というのは、ホメロスの詩句は、シラブル一つ、あるいは文字一つも失われることなく、二千五百年、あるいはそれ以上も存続したではないか。そのあいだに、無数の宮殿と神殿と城塞と都市がたちくされ、とりこわされたのに。」(中略)「ところが、人びとの知力と知識の似姿は、書物のなかにいつまでもあり、時の損傷を免れ、たえず更新されることができるのである。これを似姿と呼ぶのも適当ではない。というのは、それはつねに子をうみ、他人の精神のなかに種子をまき、のちのちの時代に、はてしなく行動をひきおこし意見をうむからである。それゆえ、富と物資をかなたからこなたへ運び、きわめて遠く隔たった地域をも、その産物をわかちあうことによって結びつける、船の発明がりっぱなものであると考えられたのなら、それにもまして、学問はどれほどほめたたえられねばならぬことだろう。学問は、さながら船のように、時という広大な海を渡って、遠く隔たった時代に、つぎつぎと、知恵と知識と発明のわけまえをとらせるのである。
(フランシス・ベーコン(1561-1626)『学問の進歩』第一巻、八・六、pp.109-110、[服部英次郎、多田英次・1974])(索引:学問の船)


フランシス・ベーコン(1561-1626)
フランシス・ベーコンの本(amazon)
検索(フランシス・ベーコン)


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

心理学ランキング

二つの方法:(1)教え込むことで、伝達された知識を利用させる方法、(2)発見された方法や、基礎的な考え方や、証明の仕方を学ばせ、伝達された知識を成長させられるような根を移植する方法。(フランシス・ベーコン(1561-1626))

知識の伝達法

【二つの方法:(1)教え込むことで、伝達された知識を利用させる方法、(2)発見された方法や、基礎的な考え方や、証明の仕方を学ばせ、伝達された知識を成長させられるような根を移植する方法。(フランシス・ベーコン(1561-1626))】
 知識の伝達の方法は、知識の使用にとって大切であるだけでなく、知識の進歩にとっても大切である。なぜなら、伝達された知恵こそ、学ぶものを鼓舞して、学びとったことを踏み石に利用しつつ、さらに発見へと前進できるようにしてくれるものだからだ。次の二つの方法がある。
(1)教え込むことで、伝達された知識を利用させる方法。
(2)移植して知識を成長させるために、植物と同じように根をしっかり育てる方法。
 (2.1)できるものなら、それが発見されたと同じ方法で伝え知らせる。
 (2.2)多かれ少なかれ、自分の知識と信念の基礎にまで立ち返り、それが自分の精神の中で成長した通りに、他人の精神の中に移植する。
 (2.3)証明してみせる。
 「なおまた、伝達の方法あるいは本性は、知識の使用にとってたいせつであるだけでなく、知識の進歩にとってもたいせつである。というのは、ひとりの人間の労力と生涯では知識の完全に到達することができないがゆえに、伝達の知恵こそ、学ぶものを鼓舞して、学びとったことを踏み石に利用しつつ、さらに発見へと前進できるようにしてくれるものだからである。そしてそれゆえに、〔伝達の〕方法に関するもっとも本質的な差異は、〔伝達された知識を〕利用させる方法と、前進させる方法との差異である。そのうち前者を教え込む方法、後者を証明してみせる方法と名づけてよいだろう。」
 「しかし、紡ぎつづけるべき糸として伝えられる知識は、できるものなら、それが発見されたと同じ方法で伝え知らされるべきであり、こういうことは帰納された知識なら可能である。ところが、こんにちのような予断と推量の知識においては、だれも自分が得た知識にどうして到達したかを知らないのである。しかしそれにもかかわらず、「多かれ、少なかれ」、ひとは自分の知識と信念の基礎にまでたちかえり降りていって、それが自分の精神のなかで成長したとおりに、他人の精神のなかに移植することができるものなのである。というのは、知識も植物の場合と同じだからである。すなわち、利用しようと思うなら、根は問題でないが、しかし移植して成長させようと思うなら、さし木によりも根にたよるほうが確実なのである。同じように、知識の伝達も(現在行われているところでは)根のない木の美しい幹の運搬のようなものであって、大工にはそれでもよいが、植木師にはむかない。しかし、諸学を成長させようとする場合には、根を掘りおこすのによく注意すれば、木の茎や幹はたいして問題ではない。」
(フランシス・ベーコン(1561-1626)『学問の進歩』第二巻、一七・二、一七・三、pp.240-241、[服部英次郎、多田英次・1974])
(索引:知識の伝達法)

学問の進歩 (岩波文庫 青 617-1)


(出典:wikipedia
フランシス・ベーコン(1561-1626)の命題集(Collection of propositions of great philosophers)  「不死こそ、子をうみ、家名をあげる目的であり、それこそ、建築物と記念の施設と記念碑をたてる目的であり、それこそ、遺名と名声と令名を求める目的であり、つまり、その他すべての人間の欲望を強めるものであるからである。そうであるなら、知力と学問の記念碑のほうが、権力あるいは技術の記念碑よりもずっと永続的であることはあきらかである。というのは、ホメロスの詩句は、シラブル一つ、あるいは文字一つも失われることなく、二千五百年、あるいはそれ以上も存続したではないか。そのあいだに、無数の宮殿と神殿と城塞と都市がたちくされ、とりこわされたのに。」(中略)「ところが、人びとの知力と知識の似姿は、書物のなかにいつまでもあり、時の損傷を免れ、たえず更新されることができるのである。これを似姿と呼ぶのも適当ではない。というのは、それはつねに子をうみ、他人の精神のなかに種子をまき、のちのちの時代に、はてしなく行動をひきおこし意見をうむからである。それゆえ、富と物資をかなたからこなたへ運び、きわめて遠く隔たった地域をも、その産物をわかちあうことによって結びつける、船の発明がりっぱなものであると考えられたのなら、それにもまして、学問はどれほどほめたたえられねばならぬことだろう。学問は、さながら船のように、時という広大な海を渡って、遠く隔たった時代に、つぎつぎと、知恵と知識と発明のわけまえをとらせるのである。
(フランシス・ベーコン(1561-1626)『学問の進歩』第一巻、八・六、pp.109-110、[服部英次郎、多田英次・1974])(索引:学問の船)


フランシス・ベーコン(1561-1626)
フランシス・ベーコンの本(amazon)
検索(フランシス・ベーコン)


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

心理学ランキング

記憶術の意図は次の通り。(1)目的の記憶を想起するための範囲を「予知」すること、(2)知的な想念を記憶しやすいように、感覚的な映像で「象徴」すること。(フランシス・ベーコン(1561-1626))

記憶術

【記憶術の意図は次の通り。(1)目的の記憶を想起するための範囲を「予知」すること、(2)知的な想念を記憶しやすいように、感覚的な映像で「象徴」すること。(フランシス・ベーコン(1561-1626))】
 記憶術の意図は次の通りである。
(1)予知:目的の記憶を想起するために、どの範囲を探し求めれば良いかを、あらかじめ知ること。
(2)象徴:知的な想念を、感覚的な映像に変換することにより、いっそう記憶に残るようにすること。
 「この記憶の術は、二つの意図に基づいてうちたてられるものにほかならない。その一つは、予知であり、もう一つは象徴である。予知〔われわれが想起しようと思うものをどこにさがし求めたらよいかをあらかじめ知ること〕は、想起しようと思うものをあてどなくさがす労を省き、狭い範囲内に、すなわち記憶のありかにぴったりあっているものをさがすことを教えてくれる。つぎに、象徴は知的な想念を、感覚的な映像にかえてしまうのであるが、このほうがいっそう記憶に残るのである。予知と象徴の準則からは、いま行われているよりもずっとすぐれた記憶術を引き出すことができるであろう。」
(フランシス・ベーコン(1561-1626)『学問の進歩』第二巻、一五・三、p.233、[服部英次郎、多田英次・1974])
(索引:記憶術、予知、象徴)

学問の進歩 (岩波文庫 青 617-1)


(出典:wikipedia
フランシス・ベーコン(1561-1626)の命題集(Collection of propositions of great philosophers)  「不死こそ、子をうみ、家名をあげる目的であり、それこそ、建築物と記念の施設と記念碑をたてる目的であり、それこそ、遺名と名声と令名を求める目的であり、つまり、その他すべての人間の欲望を強めるものであるからである。そうであるなら、知力と学問の記念碑のほうが、権力あるいは技術の記念碑よりもずっと永続的であることはあきらかである。というのは、ホメロスの詩句は、シラブル一つ、あるいは文字一つも失われることなく、二千五百年、あるいはそれ以上も存続したではないか。そのあいだに、無数の宮殿と神殿と城塞と都市がたちくされ、とりこわされたのに。」(中略)「ところが、人びとの知力と知識の似姿は、書物のなかにいつまでもあり、時の損傷を免れ、たえず更新されることができるのである。これを似姿と呼ぶのも適当ではない。というのは、それはつねに子をうみ、他人の精神のなかに種子をまき、のちのちの時代に、はてしなく行動をひきおこし意見をうむからである。それゆえ、富と物資をかなたからこなたへ運び、きわめて遠く隔たった地域をも、その産物をわかちあうことによって結びつける、船の発明がりっぱなものであると考えられたのなら、それにもまして、学問はどれほどほめたたえられねばならぬことだろう。学問は、さながら船のように、時という広大な海を渡って、遠く隔たった時代に、つぎつぎと、知恵と知識と発明のわけまえをとらせるのである。
(フランシス・ベーコン(1561-1626)『学問の進歩』第一巻、八・六、pp.109-110、[服部英次郎、多田英次・1974])(索引:学問の船)


フランシス・ベーコン(1561-1626)
フランシス・ベーコンの本(amazon)
検索(フランシス・ベーコン)


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

心理学ランキング

言葉として、また意見としては通用しているが、それにもかかわらず、嘘であるとはっきり看破され確認されているような誤りは、一覧にしておく必要がある。(フランシス・ベーコン(1561-1626))

誤りの一覧表

【言葉として、また意見としては通用しているが、それにもかかわらず、嘘であるとはっきり看破され確認されているような誤りは、一覧にしておく必要がある。(フランシス・ベーコン(1561-1626))】
 「もう一つの、それにおとらず、あるいはそれよりも重要な一覧表をつけ加えるのがよいと思う。それは、一般にひろまっている誤りの一覧表である。わたくしのいうのは、主として自然誌においてのことであるが、たとえば、ことばとして、また意見として通用してはいるが、それにもかかわらず、うそであるとはっきり看破され確認されているような誤りの一覧表であって、それをつけ加えるのは、人間の知識がそのような不純で空虚なものによって弱められたり卑しくされたりしないためである。」
(フランシス・ベーコン(1561-1626)『学問の進歩』第二巻、八・五、p.181、[服部英次郎、多田英次・1974])
(索引:誤りの一覧表)

学問の進歩 (岩波文庫 青 617-1)


(出典:wikipedia
フランシス・ベーコン(1561-1626)の命題集(Collection of propositions of great philosophers)  「不死こそ、子をうみ、家名をあげる目的であり、それこそ、建築物と記念の施設と記念碑をたてる目的であり、それこそ、遺名と名声と令名を求める目的であり、つまり、その他すべての人間の欲望を強めるものであるからである。そうであるなら、知力と学問の記念碑のほうが、権力あるいは技術の記念碑よりもずっと永続的であることはあきらかである。というのは、ホメロスの詩句は、シラブル一つ、あるいは文字一つも失われることなく、二千五百年、あるいはそれ以上も存続したではないか。そのあいだに、無数の宮殿と神殿と城塞と都市がたちくされ、とりこわされたのに。」(中略)「ところが、人びとの知力と知識の似姿は、書物のなかにいつまでもあり、時の損傷を免れ、たえず更新されることができるのである。これを似姿と呼ぶのも適当ではない。というのは、それはつねに子をうみ、他人の精神のなかに種子をまき、のちのちの時代に、はてしなく行動をひきおこし意見をうむからである。それゆえ、富と物資をかなたからこなたへ運び、きわめて遠く隔たった地域をも、その産物をわかちあうことによって結びつける、船の発明がりっぱなものであると考えられたのなら、それにもまして、学問はどれほどほめたたえられねばならぬことだろう。学問は、さながら船のように、時という広大な海を渡って、遠く隔たった時代に、つぎつぎと、知恵と知識と発明のわけまえをとらせるのである。
(フランシス・ベーコン(1561-1626)『学問の進歩』第一巻、八・六、pp.109-110、[服部英次郎、多田英次・1974])(索引:学問の船)


フランシス・ベーコン(1561-1626)
フランシス・ベーコンの本(amazon)
検索(フランシス・ベーコン)


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

心理学ランキング

人気の記事(週間)

人気の記事(月間)

人気の記事(年間)

人気の記事(全期間)

ランキング

ランキング


人気ブログランキング

FeedPing