2018年4月8日日曜日

〈所有への愛〉〈対象そのものへの愛〉による〈美〉〈広義の美〉〈善〉の感受。(ルネ・デカルト(1596-1650))

所有への愛、対象そのものへの愛

【〈所有への愛〉〈対象そのものへの愛〉による〈美〉〈広義の美〉〈善〉の感受。(ルネ・デカルト(1596-1650))】
 ある対象を「所有したい」と感じるとき、それは、私たちの本性に適するであろう対象である。それが本性に適するものであるとき、その対象は〈美〉〈広義の美〉〈善〉であり、この情動は〈愛〉の一つの種類である。例として、野心家が求める栄誉、主銭奴が求める金銭、酒飲みが求める酒、獣的な者が求める女。
 ある対象を第二の自己自身と考えて、その対象にとっての〈善〉を自分の〈善〉のごとく求めるとき、あるいはそれ以上の気遣いをもって求めるとき、それは、私たちの本性に適するであろう対象である。それが本性に適するものであるとき、その対象は〈善〉であり、この情動は〈愛〉の一つの種類である。例として、有徳な人にとっての友人、よき父にとっての子供たち。
 「愛しうる種々の異なる対象に応じて、同数の愛の種類を区別することも必要ではない。たとえば、野心家が栄誉に対してもつ情念、主銭奴が金銭に対してもつ情念、酒飲みが酒に対してもつ情念、獣的な者が犯そうとする女に対して持つ情念、紳士〔有徳の人〕がその友人や愛人に対して持つ情念、よき父がその子供たちに対して持つ情念、これらの情念は互にとても異なるが、しかしそれにもかかわらず、愛を分有している点では似ているからである。だが初めの四者の愛は、ただ情念の向かう対象の所有への愛だけであって、対象そのものへの愛ではない。対象そのものへは、他の特殊情念もまじった欲望を持つだけなのだ。これに対して、よき父が子供たちに持つ愛は、きわめて純粋なので、父は子供たちから何も得ようとは欲せず、今と違うように子供たちを所有しようともしないし、今以上に子供たちと近く傍にいようともしない。ただ子供たちを第二の自己自身と考えて、子供たちの善を自分の善のごとくに、あるいはそれ以上の気遣いをもって、求めるのである。」
(ルネ・デカルト(1596-1650)『情念論』第二部 八二、pp.70-71、[谷川多佳子・2008])
(索引:所有への愛、対象そのものへの愛〉

情念論 (岩波文庫)



哲学の再構築 ルネ・デカルト(1596-1650)まとめ&更新情報 (1)存在論
(目次)
 1.なぜ、哲学をここから始める必要があるのか
 2.私は存在する
 3.私でないものが、存在する
 4.精神と身体
 5.私(精神)のなかに見出されるもの

ルネ・デカルト(1596-1650)の命題集(Collection of propositions of great philosophers)
(出典:wikipedia
 「その第一の部門は形而上学で、認識の諸原理を含み、これには神の主なる属性、我々の心の非物質性、および我々のうちにある一切の明白にして単純な概念の解明が属します。第二の部門は自然学で、そこでは物質的事物の真の諸原理を見出したのち、全般的には全宇宙がいかに構成されているかを、次いで個々にわたっては、この地球および最もふつうにその廻りに見出されるあらゆる物体、空気・水・火・磁体その他の鉱物の本性が、いかなるものであるかを調べます。これに続いて同じく個々について、植物・動物の本性、とくに人間の本性を調べることも必要で、これによって人間にとって有用な他の学問を、後になって見出すことが可能になります。かようにして、哲学全体は一つの樹木のごときもので、その根は形而上学、幹は自然学、そしてこの幹から出ている枝は、他のあらゆる諸学なのですが、後者は結局三つの主要な学に帰着します。即ち医学、機械学および道徳、ただし私が言うのは、他の諸学の完全な認識を前提とする窮極の知恵であるところの、最高かつ最完全な道徳のことです。ところで我々が果実を収穫するのは、木の根からでも幹からでもなく、枝の先からであるように、哲学の主なる効用も、我々が最後に至って始めて学び得るような部分の効用に依存します。」
(ルネ・デカルト(1596-1650)『哲学原理』仏訳者への著者の書簡、pp.23-24、[桂寿一・1964])

ルネ・デカルト(1596-1650)
デカルトの関連書籍(amazon)
検索(デカルト)
ニュース(デカルト)

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

人気の記事(週間)

人気の記事(全期間)

取り上げた哲学者の画像

ランキング