2018年5月4日金曜日

有能性への欲望:私たちには、活動それ自体を楽しみ、その効力感を感じ、有能性を獲得し効果的に機能すること、課題に習熟することへの欲求がある。例として、好奇心、刺激への欲求、遊び、冒険への欲求。(ロバート・W・ホワイト(1904-2001))

有能性への欲望

【有能性への欲望:私たちには、活動それ自体を楽しみ、その効力感を感じ、有能性を獲得し効果的に機能すること、課題に習熟することへの欲求がある。例として、好奇心、刺激への欲求、遊び、冒険への欲求。(ロバート・W・ホワイト(1904-2001))】
 好奇心や刺激への欲求、遊びや冒険への欲求は、活動それ自体を楽しむ自発的、積極的で創造的な活動であり、このとき感じる快は、能動的主体として生きているという効力感からもたらされる。この傾向は、生物が本来的に生きて活動しているという観点からは、有能性を獲得し効果的に機能すること、課題に習熟することへの欲求ともいえる。動機付けという観点からは、この欲求は内発的であり、賞賛などの外的報酬によるものではない。
検索(Robert W. White)
検索(ロバート・W・ホワイト)
 「好奇心や刺激への欲求、遊びや冒険への欲求などのさまざまな高次の動機は、すべて基本的な動機、有能性への欲望の一部とみなされる(White,1959)。マレーとともに研究していたハーバード派人格学者ホワイトによると、日々の活動、例えば子どもの探究や遊び、会話、ハイハイや歩行でさえも、習熟や効果的に機能するための欲望を反映している。日々の活動はそれ自体で、内発的に満足し、効力感を生みだすのである。ホワイトはこれらの言葉で要点を論じている。
 『動機について考えるとき、積極的対応という、この総合的な傾向を考慮しないなら、恐怖、動因、情熱に支配され何もできない無力な生物という見方をせざるとえなくなる。文明の創造者どころか、生き延びることさえできないほど無力な存在である。有能性を獲得するための奮闘努力が、生物が本来的に生きて活動しているということの最も明確な表象となっている。それは、自分自身の人生と生活を能動的主体として生きている感覚を経験するときの自発性とがんばりの力である。この経験は効力感とよぶことができる。』(White,1972,p.209)
 有能性への動機づけは、課題の習熟それ自体への欲望であり、ランニング、ピアノの演奏、手品、チェス、新しい外科手術の手続きのような多様な課題に適用される。ホワイトによると、習熟への欲望は飢えや性のような生物学的動因とは無関係に生じ、それらに由来するものではない。さらに、人々は、例えば賞賛や、注意、金のような外的報酬のためではなく、活動自体のための有能性への欲求を満足させる活動に従事する。有能性への動機づけの概念は、人間が追い求め、それ自体を楽しむ膨大な範囲の創造的活動を強調する点において価値があり、動機づけや適応的な問題解決の研究に主要な役割を果たす(例:Dweck,1990)。しかし、それは人間の行動に影響を及ぼす多くの動機の一つにしかすぎない。」
(ウォルター・ミシェル(1930-),オズレム・アイダック,ショウダ・ユウイチ『パーソナリティ心理学』第Ⅲ部 精神力動的・動機づけレベル、第8章 精神力動論の適用と過程、pp.240-241、培風館 (2010)、黒沢香(監訳)・原島雅之(監訳))
(索引:有能性への欲望、好奇心、遊び、刺激への欲求、冒険への欲求)

パーソナリティ心理学―全体としての人間の理解



(出典:COLUMBIA UNIVERSITY IN THE CITY OF NEW YORK
ウォルター・ミシェル(1930-)の命題集(Collection of propositions of great philosophers) 「個人が所有する自由や成長へのわくわくするような可能性には限りがない。人は可能自己について建設的に再考し、再評価し、効力感をかなりの程度高めることができる。しかし、DNAはそのときの手段・道具に影響を与える。生物学に加えて、役割における文化や社会的な力も、人が統制できる事象および自らの可能性に関する認識の両方に影響を与え、制限を加える。これらの境界の内側で、人は、将来を具体化しながら、自らの人生についての実質的な統制を得る可能性をもっているし、その限界にまだ到達していない。
 数百年前のフランスの哲学者デカルトは、よく知られた名言「我思う、ゆえに我あり」を残し、現代心理学への道を開いた。パーソナリティについて知られるようになったことを用いて、私たちは彼の主張を次のよう に修正することができるだろう。「私は考える。それゆえ私を変えられる」と。なぜなら、考え方を変えることによって、何を感じるか何をなすか、そしてどんな人間になるかを変えることができるからである。」
(ウォルター・ミシェル(1930-),オズレム・アイダック,ショウダ・ユウイチ『パーソナリティ心理学』第Ⅶ部 各分析レベルの統合――全人としての人間、第18章 社会的文脈および文化とパーソナリティ、p.606、培風館 (2010)、黒沢香(監訳)・原島雅之(監訳))

ウォルター・ミシェル(1930-)
ウォルター・ミシェルの関連書籍(amazon)
検索(ウォルター・ミシェル)
検索(Walter Mischel)

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

人気の記事(週間)

人気の記事(全期間)

取り上げた哲学者の画像

ランキング