2018年4月6日金曜日

不十分な根拠にもとづく場合であっても、喜びや愛は、悲しみや憎しみよりも望ましい。しかし、偽なる善への愛は、害をなしうるものへ、わたしたちを結びつけてしまう。(ルネ・デカルト(1596-1650))

偽りの喜びや愛

【不十分な根拠にもとづく場合であっても、喜びや愛は、悲しみや憎しみよりも望ましい。しかし、偽なる善への愛は、害をなしうるものへ、わたしたちを結びつけてしまう。(ルネ・デカルト(1596-1650))】
 誤りに陥る偶然を避けえないこの人生の諸状況においては、かりに、不十分な根拠にもとづく場合であっても、喜びや愛は、悲しみや憎しみよりも望ましい。偽である喜びが、真なる理由にもとづく悲しみより、よい場合さえある。しかし、偽なる善への正しくない愛は、害をなしうるものへ、わたしたちを結びつけてしまい、わたしたちを卑しめ、貶めるからである。
 「なおまた、憎しみと悲しみは、真なる認識から生じたときでさえ、精神によって斥けられねばならないのだから、ましてや偽なる意見からきている場合はなおさらだ。しかし、愛と喜びとが、同じように誤った根拠にもとづいている場合には、それが善いか否か、と疑いうるし、愛と喜びが、それ自体において精神にとって何であるかを、他と切り離して考慮するならば、次のように言えると思われる。喜びは、それがより善い根拠にもとづく場合よりは不安定であり、愛も利点が少ないが、それでもやはり、同じく不十分な根拠にもとづく悲しみや憎しみよりも望ましい、と。したがって、誤りに陥る偶然を避けえない人生の諸状況においては、悪に向かっている情念よりは、善に向かう情念に傾くほうが、たとえ単に悪を避けるためであっても、いつの場合もはるかによい。さらに、偽である喜びが、真なる理由にもとづく悲しみよりもよい場合さえ、しばしばある。しかし、同じことを、憎しみとの対比において、愛についても言うことはできない。なぜなら、憎しみが正しいとき、それはただ、避けるべき悪を含んでいるものからわたしたちを遠ざけるだけなのに対して、正しくない愛は、害をなしうるもの、あるいは少なくともそれほど重要視する価値のないものへ、わたしたちを結びつけてしまい、わたしたちを卑しめ、貶めるからである。」
(ルネ・デカルト(1596-1650)『情念論』第二部 一四二、pp.120-121、[谷川多佳子・2008])
(索引:不確かな善への愛、偽なる善への愛)

情念論 (岩波文庫)



哲学の再構築 ルネ・デカルト(1596-1650)まとめ&更新情報 (1)存在論
(目次)
 1.なぜ、哲学をここから始める必要があるのか
 2.私は存在する
 3.私でないものが、存在する
 4.精神と身体
 5.私(精神)のなかに見出されるもの

ルネ・デカルト(1596-1650)の命題集(Collection of propositions of great philosophers)
(出典:wikipedia
 「その第一の部門は形而上学で、認識の諸原理を含み、これには神の主なる属性、我々の心の非物質性、および我々のうちにある一切の明白にして単純な概念の解明が属します。第二の部門は自然学で、そこでは物質的事物の真の諸原理を見出したのち、全般的には全宇宙がいかに構成されているかを、次いで個々にわたっては、この地球および最もふつうにその廻りに見出されるあらゆる物体、空気・水・火・磁体その他の鉱物の本性が、いかなるものであるかを調べます。これに続いて同じく個々について、植物・動物の本性、とくに人間の本性を調べることも必要で、これによって人間にとって有用な他の学問を、後になって見出すことが可能になります。かようにして、哲学全体は一つの樹木のごときもので、その根は形而上学、幹は自然学、そしてこの幹から出ている枝は、他のあらゆる諸学なのですが、後者は結局三つの主要な学に帰着します。即ち医学、機械学および道徳、ただし私が言うのは、他の諸学の完全な認識を前提とする窮極の知恵であるところの、最高かつ最完全な道徳のことです。ところで我々が果実を収穫するのは、木の根からでも幹からでもなく、枝の先からであるように、哲学の主なる効用も、我々が最後に至って始めて学び得るような部分の効用に依存します。」
(ルネ・デカルト(1596-1650)『哲学原理』仏訳者への著者の書簡、pp.23-24、[桂寿一・1964])

ルネ・デカルト(1596-1650)
デカルトの関連書籍(amazon)
検索(デカルト)
ニュース(デカルト)

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

人気の記事(週間)

人気の記事(全期間)

取り上げた哲学者の画像

ランキング